本文へ移動

つやげん通信

つやげん通信 -2021年9月

2021-09-15
毎日、毎晩の業務、大変お疲れ様です。            
新型コロナウイルスが感染拡大で、色んな事に制約がありますが            
引き続き、防止対策の徹底をよろしくお願いいたします。            
さて、セミの鳴き声で夏の到来を実感する人がいるように、涼しくなってきた頃には            
夜の虫の音を耳にして、秋の深まりを感じるという人も多いでしよう。            
 松虫・コオロギ・キリギリス・鈴虫などがこの季節に鳴きます。    
それは、オスが求愛のために羽を摺り合わせて鳴らすための音で            
昔から日本では、風情があるものとされてきた虫の音ですが            
西洋人には聞きとれないか雑音と認識するそうです。            
 脳科学の分野から見ると、虫の声を西洋人は右脳で処理するのに対し            
日本人は言葉を司る左脳で処理するためです。            
そして、虫の声だけでなく、波・風・雨・川のせせらぎなど            
自然の音も日本人は左脳で聞いているといわれます。            
コロナ禍ですが、秋の夜長、時には生きとし生けるものの「声」に            
耳を傾けたいものです。            
            
                       代表取締役   小田浩司            


つやげん九州株式会社
〒885-0078
宮崎県都城市宮丸町3048番地1
TEL.0986-25-2828
FAX.0986-25-5022

──────────────
清掃・設備管理業務
警備・人材派遣業務
廃棄物収集運搬業務
遺品・事前整理業務
給水管理
害虫防除
──────────────

 

 
0
1
5
9
3
1
TOPへ戻る